スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拉麺哲学(秋田県大仙市)

過去に行って書いていないラーメンシリーズ。
第一弾は大仙市協和にある「拉麺哲学」です。
そのときの時間は午後8時30分。
親戚の家からの帰り、気合で秋田市に向かってラーメンを食べるか、
大曲まで戻って食べるか、
それとも初の拉麺哲学で食べるか の3択でした。
「こがし味噌」という響きに惹かれ、この店に決定。

拉麺哲学_こがし味噌チャー写真は「こがし味噌チャーシュー」
このチャーシューのボリュームはすごい。
こがし味噌のスープ自体は「こがしました!」という感じはそれほどなく
控え目な感じ。
そして、ラーメンを食べ初めているときに事件はおきました…


フッとあたりが真っ暗になったのです。
そう、ブレーカーが落ちたのです!
え?ラーメン屋でブレーカーが落ちるの?と一瞬混乱。
復旧まで3分ぐらいあったかなぁ?それまでの間
真っ暗闇でラーメンを食べてました(笑)
暗闇のなかで響くラーメンをすする音、
あれは貴重な体験でした^^;
復旧した後、「チーン♪」という音とともに現れたのは…
原因のチャーライ私が頼んだチャーシューライス。
後で気がついたのですが、閉店間際だったため
ご飯をジャーから出して冷蔵庫にしまい、注文を受けたから電子レンジで温めたようです。
ん?電子レンジ?
そう、これがおそらくブレーカーが落ちた原因のようです…
ちなみに感想はというと…ご飯があっつい!
今度頼む時は普通にレンジを使わないような時間に来ないとね(汗)

拉麺哲学 協和店
秋田県大仙市協和船岡合貝44-5
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

lovin

Author:lovin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者数
広告エリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。